本を読んでくれた人限定!!!

「超ノート術」
アイデア1案
プレゼント!!!
by 佐藤ねじ

読者とWEBをつなぐ方法はないだろうか

2016年10月14日にノート術の本が出させて頂きました、佐藤ねじと申します。
はじめて出版した本なのですが、感じたことはもどかしい…!という想い。
講演会や人に直接話す場合だと、直接コミュニケーションできます。
「例えばアナタの場合なら、こんなアイデアの転がし方をすればいいよ」などと
具体的な話ができますが、本ではそれができない。
僕はWEBやデジタルコンテンツを作ることが仕事なので、
何か読者とWEBをつなげられる、新しい仕組みはないかな、、、と考えました。

答えられる範囲で、アイデア1つ出します!

そこで、本を読んだ方限定で、質問orアイデア1案をプレゼントさせていただきます。
「私は喫茶店やってますが、何か人を呼ぶ面白いPR方法ありますか?」
「犬猿の仲をテーマにしたグッズを考えてください」
「こどもの名前を考えてください。」
などテーマは自由です!

ただし 「日本の少子高齢化問題の解決案は?」みたいな僕のキャパシティを超えてるお題や 「この商品を100万個売るための具体的な提案書をください」など、ガチのお題など オーバースペックなものにはお答えできないと思います!(神龍と同じです)

また、本の中でこの部分について、もっと詳しく聞きたいなど、質問でも可能です。
これは本のPRの新しい在り方を探る試みでもあります。
ぜひお気軽にご応募ください!

対  象:
本を読んでくれた方限定。(本を読んだ感想、本を読まないと分からないキーワードなどがあれば、読んでくれた方だと判定させていただきます)
返  信:
アイデアはメールにて返信させていただきます。
注意事項:
大量に来た場合、返信に1週間以上かかる場合がございます。

あとから見返して
アイデアが出るノート術とは?

どんな仕事をしていても、ノートのメモを活用して
自分のアウトプットを見違えるほど良くすることができます。
今やどんな仕事でも、「課題を解決するためのアイデア」が求められており、
そのためのヒントは、日ごろの業務のなかに埋もれています。
それを手書きメモによって堀り起こすのです。
面白法人カヤックでアート・ディレクターとして活躍した著者が、
アウトプットを劇的に変え、アナログ・メモから「自分の強み」をつくる方法を伝授!

佐藤ねじ
株式会社ブルーパドル代表/
アートディレクター/プランナー
1982年生まれ。デザイン事務所を経て、2010年に面白法人カヤック入社。2016年7月に独立し、株式会社ブルーパドルを設立。デジタルコンテンツの企画・デザイン・PRを仕事にしつつ、「空いてる土俵」を探すというスタイルで、様々なジャンルのブルーパドルを発見することを使命としている。代表作に『ハイブリッド黒板アプリKocri』『貞子3D2 スマ4D』『しゃべる名刺』『Sound of TapBoard』など。文化庁メディア芸術祭、Yahoo!インターネットクリエイティブアワード、グッドデザイン・ベスト100など受賞多数。